劇団概要

創立

1950年(昭和25年)3月12日創立。

神奈川県横浜市内十数校の演劇部OBが中心となって発足。

県立平沼高校にて結成式を行い、当初は“神奈川県学生OB演劇研究会”と呼んでいた。

横浜は「青木の台を左から見れば、今の横浜昔しゃあの地が蟹が浜」と俚謡にも唄われた風光明媚な漁村でした。

そんな横浜の地に根差した芝居を演りたいという思いから、劇団名を“劇団かに座”と命名。

組織と運営

代表を頂点に、かに座の運営を協議する運営劇団員(運営部員)、劇団員及び準劇団員から構成されている。

上演作品のジャンル

現代演劇が中心だが、いつでもフレッシュであらゆる可能性に挑戦しています(ただしミュージカル・ダンス・髷ものの公演実績は無し)。

人間愛・家族愛・夫婦愛のような人間賛歌作品が多く、たまに緊張感漂うミステリー作品も演じている。

後方座席のお客様にも届くしっかりした発声と滑舌を基本に、登場人物の場面・心情をしっかりと理解した台詞回しや動きを大事にしています。

公演頻度

本公演は年2回実施(おおむね6月と11月)。

他に神奈川県演劇連盟主催の演劇博覧会等に参加実績あり。

入団資格

1.演劇に触れたいという意志があること。

2.夜間や休日の時間を積極的に活用できること(可能性があること)。

3.原則17歳以上(上限無し)。18歳未満及び高校生の方は御家族の承諾が必要です。17歳未満でも意志がある方は御相談下さい。

4.演劇の知識・経験は不問。未婚・既婚、性別も一切問いません。

 

仕事・学校・用事などの都合でフルに参加できない場合も御相談下さい。

類似団体に加入している場合は代表の許可が必要です(入団後においても同様)。はじめから「プロになりたい、タレントになりたい」と思われる方は、養成所等に行かれた方が良いかと思います。

稽古場見学

見学希望時は劇団かに座のメールアドレス宛にご連絡ください。

来座していただいた日から次回公演までの間は何回でも無料で見学できます。公演終了後に正式入団(または体験入団)するかご判断ください。

体験入団制度

入団することに不安を感じる方には“体験入団”制度をお薦めします(体験入団期間は3ヶ月)。

実際に劇団の活動を体験して不安が解消されてから正式入団していただいても構いません。

休団・退団

入団後に、都合により長期間稽古に通えない時期が発生した場合は一時的に休団することが可能です。

休団・退団は基本的には自由です(事前に代表にご相談ください)。

ただし公演体制(キャスト・スタッフが決定した段階)に入ってからの退団は控えてください。

稽古および活動内容

公演体制期間 通常期間
稽古日 毎週火曜・水曜・金曜(土曜も加わることがあります) 毎週火曜・金曜
舞台装置作り 土曜・日曜
(指定日:計4~6回程度)
-
ポスター貼り 水曜・木曜
(指定日:計1回)
-
ポスター貼りお礼 - 水曜・木曜
(公演終了後の第1週:計1回)
通し稽古 日曜
(指定日:計2回程度)
-
稽古内容 公演に向けた稽古
・本読み
・読み合わせ
・半立ち稽古
・立ち稽古
基礎稽古
・準備運動
・発声練習
・練習台本による本読みや即興稽古、ほか
次回作品の検討

※公演体制の詳細スケジュールは劇団にて配布します。

月額費用

正式団員 体験入団
維持費 3,000円 1,000円
公演準備金 1,000円 -
合計 4,000円

1,000円

※入団はいつでも可能であり、費用は入団日の翌月から発生します(例:1月中に入団した場合、初回費用は2月から)。

※体験入団の期間は3ヶ月です。

公演チケット代

チケット代として公演規模や役割に応じた責任負担(枚数)がありますが、心配するほどの負担とならないよう劇団独自の運営方法をとっています(月額費用の公演準備金として積み立てする制度)。

購入したチケットを元に、ご家族や知人・友人等を観劇にお誘いください(詳しくは入団時にお尋ねください)。

スタッフ作業

ドラマ作りは、舞台に立つキャストだけではできません。演出・大道具・小道具・衣装・照明・音響効果・宣伝・制作・受付、そしてそれらを束ねる舞台監督というスタッフ作業が必要です。

かに座ではたとえキャストになっても、ほとんどの場合何かしらのスタッフを兼任します。

[演出]

文字である脚本からイメージを創り、舞台上にドラマを築くリーダ役です。

[大道具]

舞台装置の設計、材料の加工・組立、塗装によるパネル類製作を行います。設計はベテランがやりますが、他の作業は劇団員全員の協同作業です。公演当日の組立も自分たちで行います。

大道具作成

[小道具]

舞台装置以外の調度品、持ち道具、消えもの(飲食物)などのプラン、選択、調達を行います。新規製作、購入、私物の借用、専門業者からの借用などの手段を駆使します。当日の小道具配置やキャストへの受け渡しも行います。

大道具作成

[衣装]

各キャストの衣装プラン作成、調達、製作衣装替えプラン作成、全体バランス取りなどを行います。私物借用が多いですが、特殊なものは製作します。

[照明]

舞台を美しく照らす芸術的要素を持った作業です。照明プラン、当日の吊るし、調整、機器操作を行います。多少専門性が必要ですが、美しい照明は舞台全体を輝かせます。

大道具作成

[音響効果]

効果音のプラン、録音、音楽も含め当日の操作を行います。絶妙なタイミングで効果的な音を出した時は観客の感動を生み出します。

大道具作成

[宣伝]

ポスター貼りプランの作成、場合によっては自らのポスター貼り、チラシの他劇団公演への折り込み、パンフレット製作、公演ホームページやブログ管理などを行います。しかしポスター貼りは宣伝だけの仕事ではなく全員の分担です。

大道具作成

[制作]

公演を通じた総務的な役割です。観客名簿整理、公演案内はがき出し、会計、当日の受付など多岐に渡ります。

大道具作成

[舞台監督]

公演準備段階でのスタッフ作業のとりまとめから始まりますが、何と言っても公演当日(仕込み含む)のリーダとして全体を取り仕切ります。その力は絶対で、その厳しい指示に全員が従わなければなりませんが、失敗したときの責任もかかってきます。リーダシップが必要です。

大道具作成

いかがでしたか?

舞台作りというものに興味がある、舞台に立ってみたい等、劇団に興味を持つ理由は様々です。しかし始めようとしている方に共通している思いは「不安」ではないでしょうか。

かに座は見学や体験入団を通じ、あなたの不安が解消するようじっくりお手伝いします。

ちょっとでも興味を持った時が絶好のタイミングです。あなたの背中をあなた自身で押してみて下さい。不明点はいつでも遠慮なくお問い合わせ下さい。