原 武彦
演出 田辺 晴通
ストーリー 母さんが突然家を出て関西で仕事をはじめると。
聞かされた家族はビックリ~。そこへばあちゃんがやってきて家が担保の借金 返せなくなったので、金貸してとやってきた。そして一緒に住みたいと~。
テンヤワンヤの騒動も親子の絆が見えてくる。
キャスト 馬場 秀彦
金谷 陽子
金杉 沙織
小島 周太郎
北薗 ヒロ子
折笠 安彦
内山 裕之
高橋 由紀
小林 一雄(協力)
柳田 一伸(声)
金野 克行(声)
スタッフ 演出:
田辺 晴通、対木 澄江、金野 克行

舞台監督:
益田 敏雄、馬場 秀彦

装置:
益田 敏雄、熊谷 ゆかり、森 邦夫(協力)
照明:
李 江、熊谷 ゆかり、古岩井 陵(友の会)、一花 徹(きさく座)
柳川 富士雄(葡萄座)

小道具:
柳田 一伸、内山 裕之、宅野 麻理、金子 聖

衣裳:
高橋 由紀、北薗 ヒロ子

音楽:
福岡 美枝

音響効果:
吉田 尚弘

制作:
田辺 晴通、金谷 陽子、高橋 由紀、北薗 ヒロ子、李 江

文芸事務:
市原 秀隆

宣伝美術:
西山 久昭

宣伝:
白幡 志穂、熊谷 ゆかり、李 江、若林 弥生(友の会)

Web&Blog:
折笠 安彦
日時 2011年11月18日(金)19時、19日(土)14時・19時、20日(日)14時
場所 関内ホール・小ホール(JR、市営地下鉄 関内駅下車)
写真・動画

稽古場・公演写真


稽古場動画

装置作り
立ち稽古開始!
ポスター貼り
1ヶ月前通し稽古


公演動画

母さんからの贈り物公演Vol1(第一幕)
母さんからの贈り物公演Vol2(第一幕)
母さんからの贈り物公演Vol3(第一幕、第二幕)
母さんからの贈り物公演Vol4(第二幕)
母さんからの贈り物Vol5(第二幕、第三幕)
母さんからの贈り物Vol6(第三幕
母さんからの贈り物Vol7(第三幕)
母さんからの贈り物Vol8(第四幕)
母さんからの贈り物Vol9(第四幕)
母さんからの贈り物Vol10(感動の最終回)

母さんからの贈り物アンケート

第103回公演「母さんからの贈り物」は、598名の方にご覧いただき、アンケート回答が209枚でした。
ありがとうございました。
ほんの一部ですが、ここに掲載させていただきます。

  • ●あたり前の一家の主婦が離れて波風をたてたいという現実では中々できないことと思いますが、それによって家族とは、夫婦親子と改めて考えさせられる自立した家族の絆を一緒にかみしめる事ができました。家族の将来に乾杯!
  • ●"家族はつくるもの"という言葉がとても印象に残りました。お父さんが心をさらけ出したとき、弟くんのつっぱった心も一緒にほぐれるのがいいですね、お姉さんが気づくとすごく大人になっている演出も好きでした。ふにゃふにゃかたちのなかった"ごっこ"の家族が最後にはりんかくをなしている所に感動しました。
  • ●舞台装置すばらしいです。どなたも熱演で楽しませて頂きました。波風があってのりこえていくその根底はやはり愛ですね。せりふのやりとりあきませんでした。
  • ●人物の在り方があまりにもリアルに、というか生々しいというか、身近に感じられ、身に迫って見入りました。一緒になって立ち止まり悩み、うろたえハラハラ落ち着かない苦悩のただ中を同時体験できたことが貴重な時間だった気がします。家族は修行の場であり、人生の基盤とあらためて感じました。今日は私達の結婚記念日です。ありがとうございました。
  • ●我が家も4人家族ですが、ドラマの様にはいきません。娘が結婚、息子が結婚、夫は他界、今は一人暮らしでも皆それぞれ幸福に暮らしています。本日はありがとうございました。
  • ●時間を忘れてのんびりみれ、どんな波風が立つのか楽しみでした。家族が変わっていくのがよかったです。
  • ●誰の身の上にも起きそうな事柄ばかりで身近に感じました。お父さんがとっても良かったです。
  • ●問題だらけだった家族が徐々に真人間になっていく過程に進歩が見られました。しかし、子供二人の決断は家族の成長だと言っていましたが、こちらから見れば大人びた根拠のないガキの浅知恵に見えました。また、きよと忠継の二人が最後までぶれない下スっぷりを見せたのも成長を感じませんでした。しかし、脚本にツッコミを入れられるのはその土台がしっかりしているからであり、まさに家庭を再現したような装置には舌を巻きました。まるでドラマを見ているようでした。シナリオ云々は個人の問題です。土台への文句はありません。どうもすみませんでした。
  • ●初めて拝見させていただきました。生き方についてもう一度考えたくなるような内容でおもしろかったです。お父さんとお母さん役の方がずっと飲み食いしているのはすごいなと思いました(笑)
  • ●家族とは?と考えされました。日本or世界が大きな災害にあって幸せとはそれぞれ考えて出来ることから始めます。家族は小さな単位の社会ですね。とても良かったです。難しい問題ですが・・・。
  • ●舞台は普段は好きじゃなくて見ませんが、今日はおもしろかったです。でも映画より長くてちょっと疲れました。劇場のイスが座りにくく、腰が痛くて疲れます。
  • ●ストーリーが大変身近で、リアルで、クスッと笑う所がたくさんありました。我が家の行先も考えるなあ~ありがとうございました。
  • ●波風を立てたことがきっかけとなって家族ひとりひとりが自分を見詰めるきっかけとなり、自分の生き方を見出していけたことはすばらしいと思いました。家族が本音で話し合うことは、そうひんぱんにあることではありませんが、お母さんからのすばらしい"贈り物"だと思いました。考えさせられる劇でした。
  • ●とてもほのぼのしていて、それぞれの役者さんに個性がありました。普段の生活では気づけない自分の気持ちを考えさせられる作品であると思います。どうもお疲れ様でした。
  • ●雨でしたので、少し迷ってしまいましたが、来てよかったです。セリフの多いのには大変だったことでしょう。毎回考えさせられる宿題がありますね。
  • ●とてもよかったですよ。お父さんが息子さんの頬をたたいた時思わず涙が出そうでした。どこの家にもあるような感じの事が題材でほんとうによかったです。アルコールが沢山出ましたが、本物ですか?お父さん役の方ライトのせいか汗がすごかったですよ。

劇団員募集

- 劇団かに座では、上演する作品の幅を広げるため新しい仲間を募集しています。 -


劇団かに座の上演作品

かに座の雰囲気がわかる過去の公演写真・動画はこちら


西山久昭氏のポスターコレクション

- 西山久昭氏がデザインしたポスターをご紹介します。 -


劇団かに座が好きだ

- 劇団員作の「劇団かに座が好きだ」宣伝ポスターです。 -



劇団かに座の情報はこちらでも

  • twitter
  • facebook
  • mixi
  • ameblo
  • tumblr
  • flickr
  • youtube

劇団活動予定表