かに座が目指すものを一口で言えば、横浜の地で根ざした演劇、喜劇にしろ、悲劇にしろ、シリアスなものにしろ、観客と響き合える舞台を創っていくこととなりこれを演劇の日常化と言い、創る側、観る側、ともそれぞれの日常生活の中に演劇を溶け込ませていくことを言います。

このためにも創る側・劇団かに座の充実度が大切となります。
最初は難しく考える必要はありません。
「舞台に立ってみたい」だけでも大丈夫です。
かに座のドアを開けてください。
見学は何回でも自由ですし、体験参加もOKです。
同世代と話し合ってみてください。
行動を起こしてみてから考えても遅くありません。


舞台はプロもアマも関係ありません。お客様がどう反応してくれるかに尽きます。
感動を感じるドラマ、ドラマの楽しさを味わえる舞台、人とのふれ合いを大切にしながらこれらを創りあげていくための、演劇力・創造力を養うための日常稽古(基礎レッスンと言います。)は欠かせません。 ワークショップ的参加もしてみてはと。


もうひとつ、忘れてはならないこと。
それは舞台を支える、装置・照明・音響・制作等のスタッフも大事であること。
当かに座は全て手造りでの公演ですので、この分野に興味ある人も是非参加してください。
友好団体への協力という楽しみもあります。


これを見られた方は経験・未経験関係ありませんので、 直ぐおいでになってください!!待ってます!!

"かに座"の由来

横浜は「青木の台を左から見れば、今の横浜昔しゃあの地が蟹が浜」と、俚謡にも唄われた風光明媚な漁村でした。そんな横浜の地に根差した芝居を演るんだというところから “かに座”と名付けました。

劇団かに座の成り立ち

1950年(昭和25年)3月12日結成。横浜市内十数校の高等学校演劇部の卒業生を中心に「神奈川県学生OB演劇研究会”かに座”」として発足。

主な上演会場

かなっくホール(神奈川区民文化センター)
関内ホール・小ホール
相鉄本多劇場
県立青少年センター・大ホール
県立青少年センター・多目的プラザ
過去に上演した作品はこちら

西山久昭氏のポスターコレクション

- 西山久昭氏がデザインしたポスターをご紹介します。 -


劇団かに座が好きだ

- 劇団員作の「劇団かに座が好きだ」宣伝ポスターです。 -



劇団かに座の情報はこちらでも

  • twitter
  • facebook
  • mixi
  • ameblo
  • tumblr
  • flickr
  • youtube

劇団活動予定表